自動車保険見積もりキャンペーン。どんな内容にしたら良いのかはこのサイトでわかる!

MENU

自動車保険見積もりキャンペーン【どんな内容にしたら良いの?】

自動車保険見積もりキャンペーンなどで一括見積もりで保険料を得している人がふえていますが、自分達はどんな内容にしたら良いのかわからない人が増えています。

 

『毎月の保険料がこんなに下がった!』という話を良く耳にしますが、闇雲に補償内容を下げただけの自動車保険は非常に危険であり、後の人生を狂わせる事になります。

 

 

 

 

 

そんな事にならない為にも、もう一度自動車保険の見積もりを見直してみましょう。


 

任意保険は対人・対物賠償だけに目が行きがちですが、人身傷害保険【自車に同乗している人】や車両保険にも目を向けましょう。これは現在日本国内で走行中の3割の自動車は任意保険に未加入だと言われていて、もらい事故でも相手からお金が取れないケースが増えてきている為です。

 

一般的には車に乗る上では自賠責に加入している事は最低限必要な事であると判断する事が出来ますが、それはあくまでも一般論でしかありません。

 

現在国内を走行している自動車の中には自賠責はおろか、車検すら受ける事無く車に乗っている人もいるのです。

これは決して他人事などではなく、あなたの隣を走っている車が無保険車の可能性もあります。
盗難車だったり、偽造ナンバーだったり。

 

あなたの相手が無保険の盗難車だったら・・・

 

 

自分がもしも事故にあってしまった場合、相手が自賠責などに何も加入していない時の事を考えてみてください。
怪我の治療費や車両の修理費用など、自己負担で捻出しなければいけない事態になってしまいます。

 

自分に何も非が無い場合であっても、相手に支払い能力がなければお金を取る事が出来ない事があります。

お金が無い人って結構開き直る人が多いです。
『いやーお金無いから、なんでも持ってって。給料差押えるならどうぞ!おれ生活保護受けてるから・・・。』
こんな相手だったら、裁判で勝ってもお金はわずかしか支払って貰えないでしょう。

 

 

もらい事故なのに、治療費や修理代で自分自身の生活がおかしくなる可能性があるのです。
自分自身や自分の家族を守る意味でも、オプション的に考えしっかりした任意の自動車保険にも加入しておくと、より一層安心する事が出来るでしょう。

 

 

http://hoken-mitsumori.jp/

 



 

 

対人・対物は無制限

 

 

自動車保険で最も重要な保障は対人賠償と対物賠償です。
ですので、ここは出来れば無制限にしておきましょう。
対物賠償保険には対物全損時修理費用差額特約を付帯しましょう。
この特約は相手側賠償時の特約ですが、古くて査定価格の無い車に追突してしまった場合、この特約がないと相手の車の修理代が出なくて揉めるケースが多いです。
保険料は年間で数百円ですので、こちらも付帯しましょう。

 

 

 

その他の内容はニーズに合わせて契約をするようにしましょう。
例えば、人身傷害保険を契約しておけば搭乗者傷害保険は必ずしも必要ではありません
むしろ搭乗者傷害特約を付帯する人は減っています。。
また生命保険に契約している人は、そちらから保障されることもあるので、人身障害の補償上限額を低く設定してもいいでしょう。
下限が3000万円のところが多いので、生命保険との兼ね合いを考えて金額設定をしましょう。

 

 

 

また車両保険に関しては、自分の車の損害を補償する目的ですので、これも必ず必要という保障ではないでしょう。新車や高級車の場合は必ず付帯する事をおすすめしますが、10年落ち等の乗り捨てできちゃうような古い車なら車両保険無しでも構いません。

 

弁護士費用の特約を

 

 

後は特約と運転条件などを見直してみることです。
補償される条件を限定することで保険料を安く抑えるというものです。
運転条件に関しては、本人限定条件特約、夫婦限定条件特約、家族限定条件特約、年齢条件特約などが主流ですが、ライフスタイルが変化した時には必ず見直してみる部分です。

 

 

特約は年間千円〜数千円で大きな補償が得られるものが多いので、お得なものが多いです。よくみておきましょう。


 

 

 

また、会社によって異なる特約を出しているので、各社の特約をチェックしてみてください。
特にオススメしたい特約は弁護士費用です。

 

 

あまり知られていないのですが、追突された場合【被害者】は後ろの車【加害者側】が100%割合になるので、追突された方【被害者側】の保険会社が示談交渉に介入できません

 

 

『任意保険に入っているのに、なんで交渉してくれないの?』と思うかもしれませんが、追突事故の場合だけは被害者側からは請求するものがなく、保険は使わないので保険会社には交渉する権利がありません。ですので交渉をすると弁護士法に抵触します。

 

被害事故なら弁護士費用を!

 

特に無保険の車に追突された場合は、被害者側に車両保険が付いていないと、相手から修理代すら撮る事ができず、泣き寝入りになるケースが多いです。
ここに弁護士費用特約が付いていれば、少なくても裁や調停を行い相手の財産などを差し押さえる事もできます。
弁護士費用の年間の特約料は1000円〜1500円程度だと思いまので、付帯したほうが良い特約です。

 

 

 

これらの条件を良く踏まえて、あなたに一番合った安くてお得な保険を契約しておきましょう。自動車保険の一括見積もりキャンペーン等を使えば、安くて安心な自動車保険を見つけられると思います。

 

 

http://hoken-mitsumori.jp/

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク集